古い昭和の家具、雑貨の買取り実例【神戸市】

author photo

Byマダム・ミキーヌ

先週末、神戸市長田区に昭和のレトロ家具、レトロ雑貨の出張買取りにお伺いしました。

建物を解体されるとの事で、お家にあるものすべてを拝見させていただき、
トラック1台分以上のお品を買取りさせていただきました。

古い昭和のレトロ家具買取り実例神戸市長田区②
レトロポップなキャビネット、古いサイドテーブル、小引き出し、箱の中は置物類がぎっしり…





古い昭和レトロ家具買取り・神戸市長田区
またまたレトロポップなキャビネット、古いダイニングチェア、ミシンチェア…





古い昭和レトロ家具の買取り神戸市3
昭和なシングルソファ、古い丸テーブル、ベンチチェア、子ども用キャビネット、アイアンの書類ケース…

その他にもパタパタ時計、カップ&ソーサー、グラス類、絵はがき、マッチなど盛りだくさん!
トラック1.5台分ぐらいあるので、とても写真には納まりきりませんでした。


今回の買取りのご依頼主は仲の良いご姉妹でした。

場所は生まれ育った思い出と愛着のいっぱい詰まったご実家で、
ご両親の他界後も時折、足を運ばれメンテナンスをされておられたそうです。

ただ現在のお住いが遠方といういこともあり、やむなく手放されることに。

建物だけではなく、置いてある家具も生活雑貨もすべて思い出が詰まった品物。
解体される建物は仕方がないけれど、
家具や雑貨は、まだ使っていただける方に引き継げれば…

そこでまず最初に大手リサイクルチェーンに連絡をされたそうですが…

「新しいわけでも、骨董と呼べるほど古いわけでも無いので、当社ではムリです。」

ご姉妹はすごくがっかりされたそうです。

そこで改めてネットで検索、神戸トランヂスタにお声がけをいただきました。

建物解体が2日後というスケジュールでしたが何とか間に合い、
思い出と愛着がいっぱい詰まった、愛された家具や雑貨を買取りさせていただきました。

買取り作業終了後、ご姉妹にお声がけしてみました。

「もしよろしければ、最期の記念にお写真、撮りましょうか?」

この後、それぞれの現在の生活の場に戻られるご姉妹、
生まれ育ったご実家を見られるのも、その日が最期だったんですよね。

2人仲良く、お庭、広縁など思い出の場所で写真をぱちり。

「想いを分かってくれる人に引き取ってもらえて良かった。」

そうおっしゃって頂き、私どもにも忘れられない買取りとなりました。

ご姉妹の想いをしっかり受け止めて、
引き継いだ品々はしっかりメンテナンスをして、順次ご紹介してまいります。

2017.05.15


●レトロ家具・雑貨の買取りをご希望の方はご参照ください。
昭和の家具・雑貨の買取りについて

関連記事

コメント 0

コメントする