英国アンティーク コッドボトル(ラムネ瓶)

author photo

Byマダム・ミキーヌ

イギリス・アンティーク、1890年代のコッドボトル(ラムネ瓶)が2本入荷しました!
SOLD OUT!
英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)①



①1枚目の画像左側、大きい方のボトル
英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)②



英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)③
ボトル上部に"GE ANDREWS" "LATE J.F. BRAYS" の文字。
その下には海神ポセイドンをモチーフにしたイラストが描かれています。


20170716_170514.jpg



英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)④
ボトル下部、イラスト下には"BRITANIA" の文字が見えます。
イギリス南部地域で作られたもののようです。



②1枚目の画像右側、小さい方のボトル
英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)⑤



英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)⑥
"NETTLETON'S"の文字とボトルをあしらったトレードマークが。


英国アンティーク・コッドボトル(ラムネ瓶)⑦
トレードマーク下、ボトル下部には"SOUTH PORT"と都市名が入っています。


年代物の厚いガラスの風合い、ぽつぽつ浮かぶ気泡、クリアなアイスブルーの色合い。

ハンドメイドゆえの不揃いの形状を含め、ガラス好きや瓶好きにはたまりませんね♪

さらに画像にはありませんが、瓶の裏側にはボトル製造会社の名前も入っています。

大きい方には"A.ALEXANDER LEEDS LONDON"、
小さい方には"DAN RYLANDS LD 4 SOLE MAKERS"

こういう細かいところもいいんですよ~!


1872年、イギリスで発明されたガラス玉で栓をするボトルは
発明者の名前から「コッドボトル」(あるいはコッドネックボトル)と呼ばれました。

主にレモネードを詰めて販売されましたが
それが転じて(訛って)、日本ではラムネ瓶として販売されるようになります。


そんなヒストリーを考えると、ちょっと感慨深いものがありますねぇ…

そんな大英帝国の薫り漂う、元祖ラムネ瓶の「コッドボトル」、いかがでしょうか。

(2017.07.17)


イギリスアンティーク コッドボトル(ラムネ瓶)

①大きい方の瓶
  高さ:約22.8cm 幅:約6.5cm 奥行:約6.1cm

②小さい方の瓶
  高さ:約18.6cm 幅:約5.5cm 奥行:約5.5cm

※アンティーク品ですので細かなキズや飲み口に小さな欠けなどあります。



●通販・商品に関するお問合せはこちら
商品お問合せフォーム

●このようなレトロ家具・雑貨の買取りをご希望の方はこちらへ
昭和の家具・雑貨の買取りについて

関連記事

コメント 0

コメントする