昭和の名機!虎印タイガー手廻し計算機

author photo

Byマダム・ミキーヌ

昭和の名機、虎印タイガー手廻し計算機、入荷しました!

虎印タイガー手回し計算機①



虎印タイガー手回し計算機②



虎印タイガー手回し計算機③



虎印タイガー手回し計算機④



虎印タイガー手回し計算機⑤



虎印タイガー手回し計算機⑥



虎印タイガー手回し計算機⑦


ん?、この機械・・・いったいなに?

そう思いつつ引き取りさせていただいたこのマシーン、ググってみると・・・

なんと手廻しで動かす計算機でした!


手廻し計算機は大正12年(1923年)、大本鉄工所が日本で初めて完成させ、
発明者の名前(大本 寅治郎)から「虎印計算機」と命名されました。

ただ「日本製は粗悪品」と考えられていた時代、販売に苦労し外国風の
「タイガー」というブランドにしたようです。

というわけで、この機械、魔法瓶のタイガーとは何の関係もありません(笑

当時の機械工作の枠を集めた手廻し計算機。

その後も改良を重ね、昭和12年(1937年)には、アメリカ、イギリス、ドイツの3ヶ国で
特許を取得するまでになります。

やがてIC電卓の登場とともに昭和45年(1970年)に生産を終えますが、
それまでの間、官公庁や企業において大活躍したそうです。


今回入荷したのは昭和40年(1965年)発売のタイプ。

当時はまだこの計算機が使われていたんですねぇ・・・。

鉄の質感(ズシリと重いです!)に、精緻なダイヤル、そしてレトロなロゴ。

計算機としての役割は終えても、素敵なインテリアの小道具になりそう♪

そんな昭和レトロな手廻し計算機、いかがでしょうか。

(2017.08.01)


虎印タイガー手廻し計算機
・幅:約37cm 奥行:約15cm 高さ:約13cm
※動作確認はしていません。オブジェ、観賞用としての販売になります。
※一部ヒビがあります。(画像4枚目参照)


●通販・商品に関するお問合せはこちら
商品お問合せフォーム

●このようなレトロ家具・雑貨の買取りをご希望の方はこちらへ
昭和の家具・雑貨の買取りについて
関連記事

コメント 0

コメントする